プナルヴァスー

プナルバスー
ふたご座20度00分〜かに座03度00分
木星


☆まとめ
プナルバスーは「矢と矢筒」
放たれた矢が矢筒に戻りたがるように、
決まった平凡な毎日を送りたがる。
平凡な毎日でも些細なことで喜び満足し幸せ。
矢が目標に飛んでいくように、
目標に向かって頑張れる力がある。
性格は木星の影響から、優しく誠実で忍耐強い、
とってもいい人!



☆Light on life訳
月がこの星宿に在住すると、静かで忍耐強く、誠実だが、
人と違ったものの見方をします。
また、些細なことで喜び快適な人生を送りますが、
病気がちで、特に喉が弱い傾向にあります。


プナルバスーのシンボルは弓矢と矢筒です。
守護神は、「無限」と「解放」を司る女神、アディティです。
アディティは親しみやすく、何にでも順応し、
思いやりがあり、理性的な性格をしているため、
真の自由(無限)と満足(欲からの解放)が与えられます。


また、女神アディテイは善の性質が強いため、哲学、宗教、ヨガ等の、
自己理解を深める能力があります。


ラグナや月がここに在住する人は、想像力が豊か(深遠で直感的)
になるので、詩を好む人が多いようです。


月や木星がかに座0度〜3分20秒にいる場合は、
霊的な強い力、女性的な優しさ、が得られるでしょう。




プナルバスーの矢筒は、撃つ準備がしっかり整った状態の矢
の潜在的なエネルギーを示します。
矢は射られた後に、矢筒に戻ってきますが、
これは家に戻る、ということを示します。


出生図にプナルバスーの絡みが顕著に出ている人は、
放たれた矢が矢筒に戻りたがるのと同じように、
仕事や社会からのしがらみから離れ、
親しい家族や友人たちと過ごしたがる傾向が強いです。
しかし、矢筒に入っている矢のように、いつでも旅立つ
準備は出来ている、ということになります。
その影響から、旅は好きだが住む場所は変えたくない、
という人が多いようです。


矢は矢筒から取り出され、放たれて、元の矢筒に戻ってきます。
プナルバスーの人もまた、決まった毎日を繰り返すことを好むようです。


また、矢は目標に向かって飛んでいきますが、
プナルバスーの人もまた、目標がどんなに遠く難しいものでも、
そこに向かって飛んでいける能力がある、努力が出来るようです。


身体の部位:指と鼻


適職:哲学者、想像力豊かな発明家、教会や寺の住職、
美術の教師、自己啓発家、心理学者やグル(宗教等の指導者)
不動産関係、建築家、都市計画の役人、科学者など


☆あべの所感
とりあえず、矢と矢筒のイメージ、それから木星のいい人さ
を組み合わせて覚えればよさそう。

Copyright © 2015 インド占星術WEB講座 All rights reserved.
by インド占星術WEB講座