アヌラーダ

アヌラーダ 蠍座3度20分〜16度40分
土星


☆まとめ☆
友情を大事にし、旅行好きで出身から遠くに住みたがる人、
ヴ゙ィシャーカと同様目的に向かって頑張るが、周りとの調和も大事


☆解説☆
月がアヌラーダにあると、富に恵まれる、海外で生活する、
空腹に耐えられない、場所を移り変わる、という傾向が出てきます。


アヌラーダのシンボルは、ヴィシャーカと同じ木の葉で飾られた凱旋門です。
守護神はミトラという、アディチャ神の別の人格の神で、友情やパートナーシップを
担当する神です。


アヌラーダの象意は、多くの部分でヴィシャーカと被っていますが、
違う点もあります。守護神のミトラは友情を担当する神であるため、
ヴィシャーカのように友情を壊してまで目的を達成しようとは考えません。
また、目標を達成するために他人と一緒になって組織をつくり、
リードして頑張ろうとします。


ラグナや月がここにある人は、健康な肉体と精神を持ち、幸運に恵まれ、
多くの人とうまくやっていける社交性があります。
また旅行を頻繁に行い、故郷から遠く離れた場所に住むことが多いです。
(アヌラーダは住む家に不満を持つことが多いようです)
食欲が強い、投機や賭博運が良い、数字に興味を持つ、といった傾向も
あります。


身体の部位:胸、意、女性器、腸
人や職業:勇気があり言葉が優しい人、愛情深い組織のトップ、
お金を稼ぐのが上手い人、友情を大切にする人、
身内ひいきが強い人、勝利の凱旋パレード、旅行者
Copyright © 2015 インド占星術WEB講座 All rights reserved.
by インド占星術WEB講座