ハスタ

乙女座10度00分〜23度20分
月


☆解説
月がハスタにあると、いつも元気で活発で、人に遠慮がなくなります。
配置が悪いと無慈悲で、盗賊になったり酒におぼれる傾向にあります。


ハスタのシンボルは手です。
その手は握られていたり、指でなんらかの形を作っています。
守護神は太陽の神、Savityi またはSuryaです。


手は熟練された技術を意味します。
またハスタは手を握り、物質、精神、感情、思考、さまざまな
ものをつかむことが出来、それらをコントロールしたがります。


どちらかというと、仕事においてみんなのリーダーとなって引っ張るよりも、
部下として毎日地味に繰り返し、目的を達成するほうです。
常に物事に疑問を持ち(これは乙女座の傾向か)、柔軟な思考が出来ます。



太陽はあらゆるものを明るく照らしますが、
ハスタが持っている輝かしい知性も周囲を照らすことが出来、
カウンセリングやアドバイスが得意です。


支配星の月の影響から、
冗談で人を笑わせて周囲をにぎわかす性質がハスタにはあります。
ハスタにラグナや月がある人は、賢くウィットに飛んでおり、ムードメーカーな
性質があるでしょう。
ハスタの人は若干軽はずみなところがありますが、
困っても人に頼ることはしません。


理由は分かりませんが、
5室の支配星がハスタと関わっていると、子供が出来にくかったり、
出来ても問題が起こりやすいです。


ハスタは「手」ですから、手相に興味を持ちやすく、
そこから派生して占星術をしている人も多いです。


身体の部位:手と指
職業や人:コンサルタント、カウンセラー、教育者、僧侶など人にアドバイスする職
泥棒、ヤクザ、ごろつき
芸術家、マジシャン、すりなど手を使う職や人、
コメディアン等芸人、パントマイムとかの大道芸人など、人を笑わせたり楽しませる職
手相占い師、占星術家など

Copyright © 2015 インド占星術WEB講座 All rights reserved.
by インド占星術WEB講座